カラー持続の秘訣

カラーをする時に美容院で、前処理トリートメントとカラー後の後処理トリートメントを勧められる事があります。
「値段が高くなるし、そんなに変わらないかもしれないし、やらなくてもいいかな」と、学生時代は、カラー後のトリートメントはやらない事もありました。
私の場合は肌が弱い為かカラーリングをする時に痛みを感じる程、薬剤が染みる事がある為、前処理トリートメントは欠かせません。
(前処理トリートメントは、カラーをする際セットでついてくる場合もあります。
)美容院によっては、前処理トリートメントをしても痛みを強く感じる場合がありますが、お店で使っている薬剤によっても変わってくるようなので、その場合は、他の美容院なども行ってみた上で自分に合う薬剤を使っている所を見つけると、頭皮への負担も少なくてよいと思います。
学生時代はあまり気にしていなかった後処理トリートメントについてですが、社会人になり、髪にお金をかける余裕が出てくると以前から美容師さんに「後処理トリートメントをすると、カラーの色の持ちが違う」と、言われていた事が気になるようになりました。
ある時、試しにやってみる事にしました。
仕上がってみると、髪に艶がでるからか、やはり発色が綺麗に見えて触ってみると柔らかく指通りも良かったです。
何でもっと早くやらなかったんだろうと思うくらい。
気になる所は、後処理トリートメントをやった時とやらない時のカラーの持ち具合です。
それは、3週間目位から実感できました。
後処理トリートメントをやらなかった時は3週間位で色の変化(染めた時より明るくなってきたり等)が目に見えてわかりましたが、やった時は1ケ月位は染めたばかりの色とほぼ変わりませんでした。
やはり、素人考えではなく美容師さんのアドバイスを聞いた方がより、綺麗な髪の状態を保つ秘訣なんだなと実感しました。