パーマをしている人にこそ使ってほしいトリートメント

オシャレのためにヘアーメイクは必須ですよね。
明るめのブラウンなどのカラーリングをしたり、ゆるふわウェーブをつけるためにパーマをかけたり、ヘアーメイクに余念がない人って多いんじゃないでしょうか。
私も、垢抜けた印象を出すために、髪をカラーリングして、ゆるいウェーブを出すためのパーマをかけています。
だけど、やっぱり気になるのが髪へのダメージです。
カラーリングだけでも、髪を傷めてしまうのに、パーマ液を使って、熱を加えることでさらに髪を傷めてしまうんです。
それはわかってはいるものの、やっぱりおしゃれに見せたくて、カラーリングやパーマを続けてしまっています。
そこで、せめてもののケアをしようと、私はシャンプーの後に洗い流すトリートメント、さらにお風呂上りのドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを使用しています。
お風呂に入るとすぐに髪をシャンプーで洗い、トリートメントを付けて10分ほど放置しています。
その際にシャワーキャップを付けて、湯船につかっています。
そうすることで、浴室内の温度の効果と皮膚の温度が上がった効果から、髪へ成分がいきわたるそうなんです。
また、ドライヤー前にも洗い流さないタイプのものを使用することで、ドライヤーの熱から髪をまもってくれるんですよ。
しかも、カラーを長持ちさせたり、パーマの形状を維持できちゃうんで、とっても嬉しいですよね。
パーマをかけて髪の傷みに悩んでいる人は試してほしいと思います。